離婚調整は必ずしも成立するものではありません。調停委員の立ち会いはありますが、

基本的には夫婦二人の話し合いの場ですので、当事者同士で折り合いがつかなければ

当然不成立ということもあり得ます。

不成立に終わった場合でも、不服の申し立てを行うことは出来ません。また、一度話し合いを

持った事案に関して再度話し合いを持つことはできませんので、次のステップに進むことを

考えなければなりません。

不成立となった場合に取るべき行動は3パターンであり、1つは当事者間での話し合いを再開

させる方法です。ただし、お互いに解決しようという意欲がなければ成立しない方法です。

もう1つは、訴訟を起こすという方法です。訴訟を一人で起こすのはとても大変ですので、

大抵の場合は弁護士に依頼することになります。費用はかかりますが、裁判所で公正な判断

をしてもらえますので、長期間かけても解決することのできなかった離婚問題が一気に片付く

可能性の高い方法です。最後の1つは、審判離婚に持ち込むという方法です。もう少しで

決着がつきそうだというところまでいったにも関わらず不調に終わった場合に執り行われます。

ただし、滅多にない方法ですので、実際には当事者間の話し合いか訴訟を選ぶことになります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。