夫婦関係調停申立書というのは、裁判所に対して現在こじれている夫婦関係を第三者の介入

によって解決に導いてもらうための申立書です。離婚を希望して申立書を提出する場合も

ありますが、逆に、一方から離婚を希望されている場合に元通りになるようにとりなしても

らうよう訴える調停を希望する申立書もあります。いずれも書式は同じですが、書き方が

若干異なっており、一方からは離婚、もう一方からは円満を申し立てられる場合もあります。

円満の場合には、申し立ての趣旨のところに婚姻関係、または内縁関係を円満に調整するという

項目がありますのでそちらに丸を付けます。そして、なぜ離婚ではなく元に戻る解決を望む

のかということを別途記載して、理由の欄には該当する項目に丸を付けます。あとは、

戸籍などに必要書類をそろえ、1200円の印紙を貼って切手を添えて、管轄の裁判所に提出する

という流れになります。この申立書は基本的に簡単な内容を記載するもので、詳しい内容に

ついては別途裁判所に提出するといった流れになりますのでそれほど難しくはありません。

調停の場合には、調停委員と夫婦関係の調停に関する話し合いをすることになりますので、

その場で詳しい説明をします。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。