自己破産というと全てを失い最悪のイメージがありますがそうではありません。

確かにデメリットも多いですがそれにもましてメリットが多いです。あちこちの借金が膨らみ、

にっちもさっちもいかなくなった場合、最後の手段として自己破産をすることが可能なのです。

椅子と観葉植物

これによって生活が再建されれば今までの苦しみから逃れられます。デメリットとしては7年間

ぐらいはローンやクレジットが使えなくなること、警備員など一定の職業に就けなくなること

ぐらいです。また一定の財産は処分されますが、20万以下の所持金は処分されません。

自己破産のやり方としては、まず申立書を地方裁判所に提出します。裁判所が審査し、

申立人が支払不能とみれば破産が決定されます。さらに免責が決定されれば申立人の債務は

帳消しになります。この際、免責不許可の決定が為されると債務はそのまま残ります。

自己破産の旨は官報に掲載されます。でもこれはあまり人の目に触れるものではないです。

なお、自己破産をしたことを戸籍謄本や住民票に記載されることはありません。

公民権も停止されませんし保証人になっていなければ家族にも支払義務は及ばないのです。

さらに必要最低限の家財道具が差し押さえられることもありません。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。