離婚をする時は基本的には住んでいる場所の市区役所に有る必要書類に必要事項を記入して

提出するのが一般的ですが、当人同士の話し合いでは折り合いがつかない場合は冷静な話し合い

が出来る様に弁護士が間に立って、話し合いをしたりする離婚調停と言う制度が有ります。

離婚調停の目的は基本的には夫婦関係の修復が目的になりますが、離婚調停を以てしても

修復が不可能な場合は両者の納得する形での離婚へと目的が変更されます。

花瓶02

離婚調停では一方に危険の及ぶ場合は弁護士を通しての調停や異なる部屋での裁判官を通して

の話し合いになりますが、話し合いにより調停離婚が成立した場合はその場で離婚届に

署名する事になる訳ですが、書き方は通常の場合とは殆ど変りありませんが、通常と異なる

点は保証人を用意する必要は無く裁判官が調停離婚が成立した事を証明する書類を添付する形

になります。

いわば裁判官が保証人になる形になりスムーズな手続きを取る事によって、より円満な離婚へ

導く意味でも効果的なシステムとも言えるでしょう。本来の目的には反しますが、

このシステムを取る事によりお互いの遺恨を残さず書類に必要事項をスムーズに記入させる

意味でも大きな役割を果たしています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。