近年増加している離婚にも様々な形が有りますが、特に目立つのが夫婦間の言い分が一致せずに

離婚調停でも折り合いがつかない場合ですが原因は様々です。通常は協議離婚が多いのですが

折り合いがつかない場合は離婚調停に進みますが、離婚調停は基本的には婚姻関係の修復を

目的に裁判官も中立的な立場で入りますので、冷静に話し合う機会を設ける形になりますの

でそこで折り合いがつかない場合は離婚裁判の申し立てと言う形になります。

しかし離婚裁判には経済的にも精神的にも大きな負担がかかりますので余程の覚悟が無い限り

踏み切る事が出来ないのが現状で、どんどん泥沼にはまる傾向が有ります。その様な場合で

夫婦のどちらかに明らかに離婚になる原因が有り、緊急を求める場合は審判離婚と言う

形式を取る場合も有ります。

ベッド

しかしこれもあくまでも申し立ては必要になってきますので、裁判官の視点でどちらかが

離婚に該当する行為を行っていて出廷を拒んでいる場合や連絡の取ればい場合など限りなく

婚姻関係の続行が不可能と思われる場合に一定の期間を設けその期間の間に被告から

連絡が一切無い場合は裁判官の判断を以てして離婚の判決を下し、書類上の離婚の手続きに

入ります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。